イボコロリはイボケアの代名詞ともなっている、メジャーな製品です。
どうして、そこまで支持されたのか?
それは、断然、効き目があるからだと思います。

効き目がなかったら、ここまでロングセラー製品にはならなかったのでは?
と思います。

そんなイボコロリを形付けたのは、その成分にあります。
イボコロリには「サルチル酸」という成分が配合されています。

このサルチル酸は、角質軟化溶解作用があり、角質を柔らかくして、溶かす力があるのです。
もっと詳しく言いますと、硬くなってしまったイボを柔らかくして、イボの下で新しい皮膚が作られるようになるので、新しい皮膚がイボを押し出して、やがて剥がれていく。
といった働きをしてくれる成分なのです。

ただ、サルチル酸はそれだけ強力な成分でもあります。
イボコロリには、足の裏に出来た魚の目やタコといった、硬いものにも、サルチル酸の力で、簡単に除去してしまいます。
ですから、硬くなったイボにも効くのは納得ですが、あまりにも強力過ぎて、使えない部位もあるのです。

それが、顔や首などの皮膚が薄いデリケートな部分です。
もし、顔や首にイボコロリを使ってしまったら、どうなるのでしょうか?

イボが取れないどころか、肌が炎症を起こして、赤くなってヒリヒリしてきます。
酷い時はケロイド状になる場合もありますので、イボコロリを使う時には、くれぐれも顔や首には使わないようにしましょう。

もし、顔や首のイボを何とかしたい!
と思ったら、ヨクイニン成分や、杏子成分が配合された、肌に優しいクリームなどを使うといいかと思います。

イボコロリは昔からあるロングセラー製品だということは先にご紹介しました。
イボコロリの弱点は、サルチル酸成分が強すぎることで、顔や首に使えないことです。

そこで、現在は、イボに特化しながらも、顔や首にも安心してお使いいただけるクリームやジェルなどが作られています。
そういったものをイボコロリと併用して使っていくのも一手だと思います。

また、イボコロリには「コロジオン」成分が添加されていることも特徴的です。
コロジオンは傷口に塗ると、耐水性の皮膜を作るので、水絆創膏などにも使われています。

イボコロリの中のコロジオンの成分の働きは?
と言いますと、イボコロリを使用した後すぐに乾燥して、皮膜を作り出すことで、塗った後にもお風呂に入ることも可能ですし、水仕事が出来ることも可能、だという点です。

イボコロリには「サルチル酸」と「コロジオン」といった優秀な成分が支えとなって、自分でイボを何とかしたいといった方には、心強い製品となっています。

何の前兆もなく突然出来てしまうイボですから、こちら側も事前の対策が出来ず、イボが出来てしまってから慌ててしまいますよね。
そこで、薬局やドラッグストアなどに駆け込んで、イボケア商品を探す際には、やはり知名度がある製品を選んでしまいがちです。

そういった意味では、イボコロリはトップの座についていると言えます。
それには、優れた成分に支えられて、効果を発揮出来るからこそ、イボコロリが選ばれる理由ではないでしょうか。